あなたへ


出会いの時
 別れの時を迎える

長いこと迷っていた事柄に
答えが導き出された

私の気持ちは明確になったけれど

 心が痛い

でも

 私の痛みを誰にも言う必要はない

私が為したことは私が負うしかないのだから

 ただ



ごめんなさい
誰よりもあなたが大切だった
誰よりもあなたと共に生きようとしてきた
あなたから
たくさんの豊かな時間をもらった

でも・・・

あなたとはどうしてもできなかったであろうことを
その人となら超えて行ける

自由になるとは
こういうことなのか、と
互いに教えあうことができるその人が好き

恋ではなく
もっと、もっと深いところで響きあえる二つの魂が
今、出会ったことを知った

理屈じゃないの
でも
それが真実だと感じるの


自分勝手だと思う
あなたにどれほど残酷なことを為したか
為そうとしているのか

ごめん
ごめんね

許してねとは言えない

でも
ごめんなさい
[PR]
by julib2 | 2007-10-16 11:43
<< 扉を開ける 出会いの不思議さ >>