私の・・・

「私のもの」、という言い方がある
「私の夫」「私の子供」「私の恋人」

私は
ことさらに所有を示すかのようなこの言い回しが好きじゃなかった

人を所有などできないし
 してはいけないと思ってるから


ただ、私の中で
ここにいつくかの混乱があったことにふと気が付いた

愛し合っている二人が使う
 「私はあなただけのもの」という言葉は
 「あなたは私に触れてもいいの」という意味だけど
「あなた」が「私」を大切にしてくれる、
「私」も「あなた」を大切にします、という
互いの尊厳を尊重し合えると確信できて初めて使える言葉であり
 「あなたを信頼します」の意味を込めた言葉であって
所有を示す言葉ではないのね

つまり
相手を大切に出来なくなったときには
効力を失う言葉なんだよね


 人は誰のものでもない
 その人の心はその人のものであり
 その人の体はその人だけのもの

これが誰にとっても一番守られて欲しいことなんだよね


「私」が「あなた」の恋人でありたいと願い
「私の体や心」を触っていいのは「あなただけ」なんだ、と私が決めた時
「あなた」が「夫」でなかった場合
「夫」であっても私の「許可」なく「私の体」に触ってはいけない
(道徳的な基準で 不倫だ、云々だの話ではない)

基本はこれなんだよね

「私の妻(恋人)」だから「私のもの」で「私の好きにしていい」のではない
逆もしかり
「私の子供」だから「私のもの」で「私の思い通りにしていい」のではない
結婚したからすきな時に好きに触っていいのではない
 妻に触れたいならば、その都度許可がいる
 夫と触れ合いたいならば、その都度許可がいる、ということなのだ

自分の子供だからと、いつまでも一緒にお風呂に入っていいわけでもなく
自分の子供だからと、幼児期を過ぎた子供に胸を触らせていいのではない

 夫婦であろうと
 恋人であろうと
 親子であろうと
私の体は私だけのものなのだ

A子とB男は結婚してるけど
A子は「今日」は共寝したくない
あるいは
「これから、ずっと共寝したくない」と思うのは自由だし
それをA子はパートナーB男に伝えていいことなんだよね

B男が納得いかなかったらそこでA子と話す
互いが自分の気持ちを探りながら
互いが妥協できる地点がどこなのかまで話す

それが対等なコミュニケーションということなんじゃないだろうか

かつて婚姻は確かに所有だった
労働力であり
権力の維持のためであり
部族の力のためのものだった

けれど、人に権利意識が芽生え、
女性も男性と対等な存在だと意識されるようになって
婚姻は個人の結びつきを重要視されるようになったのではなかっただろうか


なのにやっぱり
なんとなく「結婚」=「所有」だと思い込んでいて
ここが混乱していた部分だったのだ

 自分の体であるのに
 自分が嫌だと言いたいと感じているのに

黙って受け入れることが当たり前だと思っていなかっただろうか
NOと言ったらいけないって思い込んできたんじゃないだろうか
(夫は妻に、妻は夫に、恋人は恋人に)


私は私の許す人以外の誰にも私の体を触れられたくない
私は私の大切な人が、
 その人の許可のないままに誰かに触れられて欲しくない



 そして、この言葉は所有ではないと確信できた今
 初めて使える・・・震えるような喜びを持って
 
    私は あなたのものです
 
    あなたは 私のものです  
[PR]
# by julib2 | 2008-03-07 12:54

指輪

指輪

私にとってお揃いの指輪は「束縛」の象徴だった
結婚も同じこと

私は誰のものでもない、といつも声高に叫んでいた気がする

若いときはペアリングをもらって付けたことがある
共棲した人と買いに行ったこともある

それから長い時間が経ち
私はペアリングを拒否するようになっていた

多分
ペアがいやなのではなく
「指輪」に「束縛」を感じたからだ


そんな私があなたとの時には
なんのためらいもなく
指輪が欲しい、と願った

色違いだけど同じデザインのものを選ぼう
あなたの指輪は私が買ってあげたい
私の指輪はあなたに買って欲しい
そうすることがとても自然に感じられて・・・

そこには私の嫌いな「束縛」は感じなかった
私は自由な私のまま、
茶夢さんと魂を交し合うんだという
むしろ自由に羽ばたくような感覚があった

指輪は本来契約を意味するらしい

私は茶夢さんと魂の誓いを交わしたかった
その証としての指輪

誓いは茶夢さんを縛るものではなく
私のあなたへの気持ちを現すものであればよかった
あなたの私への気持ちを伝えてくれるものだと思った

この2月23日
私達は誓いを口にし
指輪を交わした

そして
伝え合った想い

指輪に縛られないで、ということもまた、・・・伝え合う
[PR]
# by julib2 | 2008-03-04 12:33

晴れのち曇りのち晴天


素敵な日の後に少し曇り空



切なくて哀しい思いをしたけれど

あの後考えていたの


今、彼女からのメールに怯える私は
付き合っていたときに
話題を選ばなくては、と
密かに怯えていた私と同じ、だと気付いた。

彼女の触れて欲しくないことに
偶然触れると
「その話は止めてもらえる?」と言わず
私が触れて欲しくない事柄に斬りつけてきてしまう人だった。

めったにあることではなかったから
忘れていたことだけど・・
斬りかかられた痛みを忘れはしないから
無意識に話題を選んでいたのは事実だ・・


恋人でなくなりメル友になったわけだけど・・

本当はメールが来るのが怖くてね
何を書かれているのか
それが怖くて・・・

「生きてる意味がわからない」と書かれたら
私のせいだろうか・そうだよね・・と自分を責め
彼女に何かあったらどうしようと怯えるしかなかった
そんなおびえを帯えと認識しなかったから
動きが取れない私がいた

でも
そうじゃないんだって
ふと思ったの

過去の出来事だけど
私が振られることだってあったんだ
その時
私はどう行動したか・・・

それを思ったとき
彼女は私を脅すつもりでも縛るつもりでもないんじゃないかって
思えたんだよね

そう思えたとき
ああ、メールに怯える必要はないってわかった。

もしいつかまた私を傷つけるメールを送ることがあったら
今度は言える

「こういうメールを書くのであれば
もうメールしないで欲しい」と・・・

私もまた傷つくし、痛いとか哀しいと感じていいのだもの


話を聞き、私を支えてくれたあなた
ありがとう

空にかかっていた雲が流れ

暖かい日差しが差し込んできたよ
[PR]
# by julib2 | 2008-02-27 21:05

帰ってきました^^

昨日の夜
大雪、強風の中、無事帰ってきました^^;

行きはピカピカのいい天気だったのに
やっぱり天候が崩れたよ(笑)

でもね
私達には嵐だろうと吹雪だろうと関係ないのです


22日は2度目の逢瀬

前回はとってもドキドキしたのに
今回はなぜか淡々とした感じがしたの

言うなれば
いつも逢っている二人が
今回はちょっと気分を変えて違う場所で逢う・・みたいな?

その話を茶夢さんにしたら
自分もそうなんだよって言うから
二人でどうしてだろうねって話した

話す中で
よくわからないけれど
私達は毎日電話で話が出来て
日常の中に互いが当たり前のように存在していて
いつも逢っているような感覚があるんだね、と。

日々の会話の中には
もちろん恋人同士だけのとても親密な時間もある

そのことは
私達にはとても大切な時間で
直接触れることができなくても
確かに親密な時を創っているという感覚があるから
いつも満ち足りていられるんだね

遠距離は寂しい、とか不安だというけれど

そうした確かな時間を持てることで
いつも側に互いを感じていられるから
お互いに離れていると感じないのかもしれない

だから
頻繁に逢えない私達の逢瀬でありながら
すごくドキドキしなかったのか、な?って^^

でもね
駅で茶夢さんの到着する時間を待つ時間の嬉しさや
階段を上がって
こちらにまっすぐに来る茶夢さんを見つけた嬉しさは本物

改札を抜けて
「ただいま」って言う笑顔の茶夢さんの腕に中に
抱き取られた瞬間、
駅の構内で人がたくさんいるのに
私が見えたのはただ茶夢さんの瞳だけ
感じるのは茶夢さんの体の暖かさだけ

嬉しかった!
すごくすごく嬉しかった!
茶夢さんだあっ!って嬉しかった!


今回のホテルは1時半にはチェックインできるホテルだったから
近くのコンビニで飲み物を買ってから
即チャックインできた

お互いのためにおにぎりを作ってきたのも嬉しかった
茶夢さんのゆかりご飯に筋子入りの大きなおにぎりは
最高においしかった^^

私の作ったお弁当もおいしいよって食べてもらえて
もう嬉しくて体が舞い上がりそうだった^^

そして
お誕生日おめでとうって
とっても可愛いヒヨコの抱き枕?とピアスをもらったんだよ!!

すごく抱き心地がいいの!
2泊3日の間中
ピヨちゃんは私達のお布団の上をあっちにこっちに
ころころしてました(笑)

c0069369_1832342.jpg

ピアスは綺麗なピンク色のハート型
ピアスの金属に反応してしまう私のために
樹脂軸のピアスを探してくれたの

でも・・・ね

そのピアスを見た瞬間
眼鏡をかけてなかった私は聞きました

「わあ、かわいいねえ!! これ お茄子?」

「茄子う??? 茄子がかわいいのか???!!!」

「・・・あ・・ごめん・・」^^;


c0069369_18322552.jpg

ピアスのケースもとってもかわいいでしょ?
下のバンダナもシックで素敵
茶夢さんのセンスっていいなあ


以下 次の日記にて(笑)
c0069369_18324158.jpg
[PR]
# by julib2 | 2008-02-25 18:18

行ってきま~す ^^)/


明日から2泊3日

茶夢さんに逢いに行ってきます

茶夢さんの体温を感じながら
ゆったりと二人だけの時間を過ごしてきます


そして
二人で決めた大切なことをします


終わったらね
こっそり報告しますね^^



そうそう
23日は私のお誕生日です

51歳になりますよ~


本日よりプレゼントを受け付けます~♪
[PR]
# by julib2 | 2008-02-21 21:57

ヘロヘロな日

昨日はどうも調子悪かった

高校生の娘を車に乗せ(仕事帰りに駅で合流するのだよ)
スーパーに行った辺りから
猛烈に調子が悪くなり
ついでに機嫌も悪くなった私


「お風呂用意しておいて
 私は具合が悪いから」と自宅に電話

下の娘はそういう状態には
機敏に反応するの
上の子はのんびりしてるから
機嫌の悪くなった私の逆鱗に触れたりするんだけどーー;

帰ると上の娘が
クラムチャウダーならぬ、ホタテチャウダーを作ってくれていた

彼女のクリーム系のスープは絶品なの!!

でも
この時点でかなりヘロヘロな私

ご飯前にお風呂に入り
美味しいスープもそこそこにベッドに・・・

茶夢さんに電話する元気もなく
引きずり込まれるように
眠った

眠りに眠って・・・

お陰で今朝の元気なこと!

それにしても
もう無理はきかないんだとしみじみ思う

だけどね
若返りたいとは思わないから不思議

今まで生きてきた時間は
たとえ愚かしさばかりで埋められていたとしても
やっぱりかけがえのない私だけの時間だ

その時間の中で育てられてきて
今の私が存在するんだもの

とりとめのない日記

でも、
こういうとりとめのない日記を書けることは
気持ちいいと感じる
[PR]
# by julib2 | 2008-02-19 13:46

少し早いけど

そろそろ雛祭りの季節だね

実は雛人形って好きじゃなかった

必ず男女が澄まして並んでいるから(笑)

結婚が女の幸せよ、と言われている様で嫌だったんだよね


娘が生まれた時
実家の母が大喜びで雛人形を買いたがり
かなり母とはもめましたな

いる、いらない、で殆ど喧嘩腰でやりあった
その当時はアパートだったので狭さを理由に断ったが
家を建てた後

どど~~~んと内裏雛が届いた!

これがまた大層立派なんだな・・・
横幅が1mを超えるもので
漆塗りの屏風の重いこと、重いこと・・・

飾る場所にも難儀した
しかも・・
子供が怖がる
特に夜、嫌がりましたねえ・・
白い顔が浮かび上がるのが怖い・・確かに(苦笑)


数年飾ったけど

子供も大きくなってから
人形好きの叔母の元に落ち着いた(笑)

現在は私の作った手作り雛飾りを飾ります



男女にこだわりたくないので
同じ高さ
顔も無し、です

結構ちゃんとお雛様に見えるでしょ?

でも画像は去年作ったもの
すでに解体しちゃった^^;

今年はちょっと違う形で作ります


c0069369_2105124.jpg

[PR]
# by julib2 | 2008-02-16 21:01

あと少し

もうすぐ逢えるね

待つ時間は全然辛くない

穏やかな波のように
待つ嬉しさが寄せたり返したりしながら
私の心を満たすから

前に逢った日から
どれくらいの日が経ったのだろう

あっという間に過ぎた日々

いつも満たされ、豊かだったから
いつも一緒だと感じていたから
一度も寂しいとか辛いと感じることのなかった
逢わずにいた時間、そして日々

気が付けば
あと数日で逢える・・・逢えるの・・

本当のあなたの腕の中に飛び込めるんだね

でも・・

逢う日がすぐに来なければいいのに、とも思う


  だって・・だって・・・

一緒に過ごす時間は
 多分マッハの速さで過ぎてしまうから
いつもの時間より
 信じられないくらい早い速度で過ぎてしまうから・・


でも、
 やっぱり
  逢いたい、よ072.gif 072.gif 072.gif
[PR]
# by julib2 | 2008-02-15 12:54

思いを表すもの


好きな人から
特別な気持ちを表わされたたらとても嬉しい

ただ、私が喜ぶような表し方を
 皆が喜ぶわけではないだろうな、とも思う

過日
「こんなドレスを着せてあげたい」と画像が送られてきた

見た瞬間息を飲む私がいた

大好きなピンク色のフワフワしたドレス・・・

c0069369_1326128.jpg


メールには続けて
「あなたによく似合うと思う」

ドレスの画像も嬉しかったけれど
この言葉に泣きました

若くもなく
きれいでもない私なのに
こんなにも優しい気持ちで見ていてくれることが
いつもにも増して
感じられたから・・・

世の中には
「言葉だけなんて」とあざ笑う人もいるだろう

でも
その言葉に込められた気持ちがどれほど深いものかは
受け取った私だけが知っている

私はドレスの画像を
「本物を買ってあげられないけど・・」と謝りながらも
率直な気持ちをまっすぐに表して送ってくれる人に出会えた幸せを
かみ締める

二人だけの大切な日
私はこのドレスをまとうだろう

誰にも見えなくても
大切な人と私だけには見える特別なドレスだ
[PR]
# by julib2 | 2008-02-14 13:26

昨日はね


ちょっと友達Pさんに電話
元々は大切な人Cちゃんの友達なんだけど
ちゃっかり仲間に入れてもらってしまった^^


そして
いろんな話をした後で
思い切り惚気てしまった


SNSでもいくらでも惚気られるんだけど
それとはちょっと違う嬉しさがあったんだ

その友達Pさんは大切な人Cは長年の友人だから
Cちゃんのよさをよく知ってる

そのPさんに思い切りCちゃんっていいよね~って
言えるのは本当に嬉しかった


Cちゃんのことは本当に人間としても尊敬しているし
その懐の深さとか暖かさはすごいんだよね
繊細な心遣いのできる人だし
そいったことをてらいなく話せたことは心躍る経験だった

Pさん、聞いてくれてありがとうね^^
[PR]
# by julib2 | 2008-02-13 10:49